2018 エントリー開始!!

今年もやります!!

ルールやコースなど若干昨年と変わってきますので詳細チェックをお願いします。随時更新していきます。出場する方はエントリーお願いします。

 

そしてボランティアスタッフも今年は大勢必要ですのでぜひお手伝いお願いします!!

 

Dear foreign paddlers

I translated the rules, concept and registration in english, it might not be perfect but hope you will get what I mean.Please do not hesitate to contact for any questions. info@cabbo.jp

hope I see you in the race and you will enjoy the Tama-river from the mountain to the sea.

The founder , Ikuzo

 

2018年 ULTRA T80に向けて始動してます

 

今年のULTRA T80は参加選手の位置がリアルタイムで誰でも見れる!

っていうことを目指して現在色々なデバイスを実験中です。明日21〜22日にその実験を兼ねて多摩川よりちょっと長い120kmをダウンリバーして来ます!

こちらからパドラーの情報をリアルタイムで見ることができますのでぜひチェックしてみてください。

うまくいったらこのシステムをそのままT80でも使用しようと思います。

当日リアルタイムトラッキングはここ!!

2018年新参加者紹介!

各地から川の猛者達が参加を表明!!

今週開かれたACA (American Canoe Association)のリバーSUPインストラクター資格ワークショップに参加するために関東達の川の猛者達が集合。皆その場で今年のULTRA T80に参加を表明、グランデックスのヤス選手、フレンズのヤマちゃん、イシケンさん、イタル選手、リョウスケ選手、アキラ選手、全員今年好タイムを出すと宣言してましたので楽しみです!

Ultra T80 on radio!!

佐藤俊平選手がラジオ出演!

 

ULTRA T80の選手でありキーパーソンでもある佐藤俊平選手が「調布FM/ミュージックバンカー/スマイルパラダイス」に出演し仕事やカヌーのことに加え今年も開催するULTRA T80に関するトークをしてくれました!

 

 

 

A letter from daughter to Father

 

「楽しんでね!」心温まる娘からの手紙

本田選手の娘さんからの手紙。父ちゃん頑張って80km完走!いつか親子で挑戦してくださいね!

ーーーーーーーーーーー

Dear Daddy

Good luck in the 80km race! Lov U Da! Have fun.

ーーーーーーーーーーー

The Ultra T80 paddler ,Honda got this letter from his loving daughter right before the race.Sooo cute! and He had so much fun that he started talking about next year race right after the goal!

ULTRA T80 スタッフ打ち上げ!

 

日本初で日本一長いダウンリバーレースを支えてくれたスタッフ達で集まって打ち上げ鍋!(浅古さんのみ欠席、、)一ヶ月前のことなのにもう遠い昔に思えるのが不思議。本当にみなさん丸一日色々とお疲れ様でした。来年はよりパワーアップして開催したいと思っていますのでよろしくお願いいたします!

 

ULTRA T80パドラーチームが多摩川カヌー駅伝で優勝!

 

11月とは思えない陽気に包まれた週末、多摩川上流で開催された「多摩川カヌー駅伝大会」にてRiver Base HALAUチームが優勝!

このチームは安藤太郎、佐藤俊平、山田真良のULTRA T80に出場した3人と主催者の藤村育三の”I Love 多摩川”な4人で結成、JP Australia の14フィートのSUPでエントリーしました。

4人1チームで、スタート地点の釜の淵からゴールのクジラ公園までの16kmを4区間に分け、たすき代わりのカヌーをバトンタッチしながら漕ぐカヌー駅伝。17チームがエントリーし、カヌー/ワイルド艇/ダッキー/SUPなど様々なボートが一斉にスタートする様子は圧巻!アスリートからファンパドラーまでいろんな層がいろんな艇で多摩川を思いっきり楽しんだ1日でした。

 

「多摩川の魅力やリバースポーツの可能性をより多くの人に伝える」というのがこのカヌー駅伝の趣旨。まさにULTRA T80が目指すものと一緒でこの大会はよきお手本となるものです。大会運営や段取りなど多々学ぶべきことが満載でした。この運営を担っている青梅カヌー協会とは今後協力体制をとり色々とアドバイスをいただく予定なので今後の展開も楽しみです。目指せ10年後の「川の東京マラソン」!

 

 

 

 

ウルトラパドラーの証、River Warrior Parka

御岳から羽田まで多摩川80kmを12時間以内の制限時間内に漕ぎ切った者のみが着ることのできるULTRA T80完走賞のパーカー。「販売はしないのですか?」と結構お問い合わせをいただいたのですが、すみませんこれは完全非売品で買えないものですのでご了承ください。どうしても欲しい方はぜひ来年レースに出て完走してくださいね!それにしても選手の皆さんよく似合う!

photo by Akiho Fujinami

ULTRA T80 2018に向けて活動開始!

今年ULTRA T80で1位と2位を飾った高畑選手と安藤選手と一緒に青梅市カヌー協会の藤野会長を訪ねました。

今年の大会の報告と来年に向けての今後のアドバイスなどをお願いするために安藤選手に紹介していただきました。10年後「多摩川の東京マラソン」を目指しクリアしなければいけないハードルはたくさんありますが藤野会長のような川のエキスパートたちに今後積極的にアドバイスなどをいただきつつ協力体制をとっていこうと思います。

多摩川の魅力をより多くの人に広めたい!多摩川カヌー駅伝を開催する青梅市カヌー協会の藤野さんとの想いは我々と一緒。

来年に向けて始動!

GALLERY ページオープン!

歴史的第一歩を踏み出した11人の勇者達とレースを支えてくれたスタッフ達、表彰式、アフター焼肉パーティー、、ULTRA T80が行われた一日の様子をギャラリーページにアップしました。

 

天候がすぐれない週でしたが、レース開催日だけは奇跡的に晴れて次の日からは寒波&雨という運にも恵まれ、どの写真も鮮やかです。3班に分かれた撮影スタッフがパドラーの進みに合わせて一日中奔走していました。

さらにULTRA T80の数日前に四国で行われたラフティング世界大会に出場していた米国のRob Pretchtlも遊びに来てくれて丸一に伴走車に乗って撮影をしてくれた。彼は世界のトップパドラーであると同時にプロの写真家。リバーとパドラーの呼吸を知り尽くした彼が切り取った瞬間と独自の構図はまるで映画のワンシーンのようで、この日のドラマが凝縮されている。

 

*メディアなどで紹介していただける場合や関係者がプリントしたい場合は高解像度のデータを別途差し上げますのでcabbo.jpのオーダーページよりご連絡ください。